板橋区周辺で介護サービスをお探しの皆様、”福ぶくろ 介護のたくみ”にぜひご相談下さい。介護にまつわる様々な不安を取り除きながら健やかな暮らしのお手伝いをいたします。
板橋区周辺で介護サービスをお探しの皆様、”福ぶくろ 介護のたくみ”にぜひご相談下さい。介護にまつわる様々な不安を取り除きながら健やかな暮らしのお手伝いをいたします。

ヘルパー賃金規定

1.基本賃金(時間給)

稼働時間
ランク
生活援助
予防訪問介護
(8:00~18:00)
身体介護
(8:00~18:00)
生活援助
予防訪問介護
(事務所営業時間外)
身体介護
(事務所営業時間外)
1,200円 1,400円 1,300円 1,500円
1,300円 1,500円 1,400円 1,600円
1,320円 1,550円 1,420円 1,650円
1,340円 1,600円 1,440円 1,700円
1,360円 1,650円 1,460円 1,750円
1,380円 1,700円 1,480円 1,800円
1,400円 1,750円 1,500円 1,850円
1,420円 1,800円 1,520円 1,900円
1,440円 1,850円 1,540円 1,950円
J 1,460円 1,900円 1,560円 2,000円
K 1,480円 1,950円 1,580円 2,050円
介護の匠 1,500円 2,000円 1,600円 2,100円

*2時間以上の支援は、一律生活援助の賃金を適用。


たくみのホームヘルプ(有償サービス) たくみのホームヘルプ(有償サービス)
(事業所営業時間外)
1,100円 1,200円

*稼働時間ランクの適用なく、一律。「介護の匠」ランクの方は、1,200円(時間外1,300円)適用。


ケースカンファレンス、ヘルパー説明会等
各生活援助の時給

*ケースカンファレンス、ヘルパー説明会は、必要時参加依頼。時間は概ね1時間を予定しております。なお、昼食を取りながらカンファ等行う場合、500円の飲食代と30分の時給を支給します。


2.ランクアップ制

  1. 登録時の資格で、スタートするランクを決定。ヘルパー1、2級はランクA、介護福祉士、看護師等はランクBよりスタート。ヘルパー1、2級の方で、介護福祉士、看護師等の資格を取得した場合は、資格取得の翌月から、1ランクアップ。
  2. 累積稼働時間、100時間、300時間、500時間、1,000時間、以降500時間達成ごとに、達成した翌月から1ランクアップ。
  3. 稼働時間ランクは、労働条件通知書、毎月の賃金明細書にてお示しします。
  4. 派遣時間の遅刻、無断欠勤、その他別冊の『就業規則』の禁止事項に違反した場合、ランクダウンする。


3.キャンセル補償

派遣予定時間の1時間以内のキャンセルの場合、600円、訪問したが不在等の理由でキャンセルになった場合、1,200円(30分の支援の場合は、600円)を補償。ただし、当日でも、派遣予定時間の1時間前にキャンセルの場合は、キャンセル補償は適用されません。

(例:10:30~の支援の場合。9:30以降にキャンセルの場合は、500円補償。9:30までにキャンセルの場合は、補償なし。なお、10:30に訪問してキャンセルだった場合は、1,000円補償となります。)


4.移動加算

利用者宅から利用者宅の移動費として、1回の移動につき210円を加算します。

(例:1日3件の訪問がある日は、420円加算。1日6件の訪問がある日は、1,050円加算。)


5.年間稼働時間賞与

年間稼働時間300時間達成ごとに、下表の賞与を、達成月の翌月に支給します。

年間稼働時間 賞与 賞与(介護の匠ランク)
300時間 5,000円 10,000円
600時間 10,000円 15,000円
900時間 15,000円 20,000円
1,200時間 20,000円 25,000円
1,500時間 25,000円 30,000円

*介護の匠ランクの賞与は、毎年各時間ともに、2,000円ずつ昇給します。

*年間→4/1~翌年3/31の間。3/1~3/31の間に300時間達成された場合は、翌年度の4月分(4/1~4/30)の給与で、賞与を支給します。


6.臨時対応加算

予定時間(各ヘルパーが毎週定期的に訪問する予定の時間)以外の臨時依頼に対して訪問してもらう場合は、1日につき500円を加算します。


7.夏季加算

繁忙期と休暇希望が重なる時期(概ね8/11~8/17。年度によって変わる場合あり)の7日間は、時給200円増とします。


8.年末年始加算

大晦日と三が日を含む時期(概ね12/30~1/5。年度によって変わる場合あり)の7日間は、時給200円増とします。


9.休暇補償

登録した年の翌年度から、週所定労働日数に応じた、休暇補償を付与します。なお、手当てする額は、前年度平均1日稼働時間×1,000円(株式会社福ぶくろの基本時給)とします。休暇補償の日数、補償額は、労働条件通知書にて示します。



(1)休暇補償のルール

  • 算定する1日平均稼働時間は、前年度1年間の実績平均値を採用します。
  • 毎年、3月更新時に、労働条件通知書にて提示します。
  • 有効期間は、労働条件通知書に示す、契約期間で、休暇補償の年度持ち越し、換金はできません。



(2)休暇補償の日数

週所定
労働日数
継続勤務期間
2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目
以上
5日以上 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日
4日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日



(3)週所定労働日数の算定方法

前年度1日平均稼働時間に5日(1週間)をかけて、1週間の稼働時間を計算します。その1週間の稼働時間を株式会社福ぶくろの常勤職員の1日稼働時間8時間で割り算定します(常勤換算)


週所定労働日数=(前年度平均1日稼働時間×5日)÷8(常勤職員1日労働時間)
*小数点以下は、四捨五入。なお、1未満は、1日とします。


例:前年度の平均1日稼働時間が、4.5時間の方は・・・
(4.5×5)÷8=2.8125→3日



(4)休暇補償日数

週所定労働日数を算定し、上記②の表の左側の該当日数と、右側の継続勤務期間の合致する箇所が、その年の休暇補償日数となります。


例:前年度の平均1日稼働時間が、4.5時間で、継続勤務期間が、3年目の方は・・・
6日の休暇補償日数を有します。



(5)休暇補償額

前年度の平均1日稼働時間に、1,000円(株式会社福ぶくろの基本時給)をかけた額とします。


例:前年度の平均1日稼働時間が、4.5時間で、継続勤務期間が、3年目の方は・・・
4.5時間×1,000円=4,500円。少数点以下は四捨五入。

年間6日間/補償額 4,500円



(6)休暇補償の届出

休暇補償を希望する日の前日までに、所定の休暇届に記入の上、サービス提供責任者に届出ください。



(7)休暇補償の提示

当該年度の休暇補償の日数と金額は、労働条件通知書にてお示しします。なお、年度内の休暇補償の使用日数と残数は、毎月の賃金明細書にて提示します。


10.お友達紹介制度

登録いただいているヘルパーの皆様(登録してから100時間の稼働実績がある方)が、お知り合いのヘルパーに声をかけていただき、株式会社福ぶくろ介護のたくみに登録していただき、文字通り、ヘルパーの輪を拡げていくためのシステムです。新たに紹介により登録してくれたヘルパーが、累積で50時間稼働された、翌月に支給します。


  • 紹介してくれた方→20,000円
  • 紹介によって登録してくれた方→10,000円


11.資格受験支援

スキルアップのために介護福祉士、介護支援専門員等を受験するにあたり、その教材費の購入、研修費等に対して10,000円支給します。残念ながら2年目以降に再チャレンジされる場合でも、5,000円支給します(限度なし)。受験申込の控えを確認した月の給料に加算します。みなさまの資格取得を応援しています。


12.資格取得お祝い金

新たに介護福祉士、介護支援専門員等を受験し、見事合格され資格取得された方に、お祝い金として10,000円支給します。資格証を確認した月の給料に加算します。おめでとうございます。


13.インフルエンザ予防接種支援

年度内、お一人様1回に限り、1,500円を支給します。予防接種の領収証を確認した月の給料に加算します。支援者側がしっかり予防して、流行する時期に支援できるようにしていきましょう。


14.自転車修理代支援

皆様の訪問に欠かせない自転車。介護のたくみの訪問のために、自転車を消耗させてしまっていると思いますので、自転車修理代を各時給ランクに応じて一部支援します。


A~Dランク 年間2,000円上限
E~Hランク 年間3,500円上限
I~介護の匠ランク 年間5,000円上限


修理代の領収証を確認した月の給料に加算します。


15.処遇改善加算

処遇改善加算とは、介護業界全体の賃金が低く、離職率が高まっていることに対して、国が制定した制度です。利用者からもらう介護報酬に何パーセントか上乗せをして徴収し、上乗せ分をそのまま賃金に充てることになっています。各事業所でどういう方法で賃金に充てるかは違っており、介護のたくみでは、毎年12月分給料(1月支給分)に、一時金(賞与)として支給しています。金額は、前年1年分の総支給額の数%(業務実績に応じる)を算定しています。平成25年度は6%、平成26年度は10%の支給実績です。皆さんで一丸となって、介護業界の低賃金を改善していきましょう。


例:前年度の総支給額が、100万円の方は・・・
6万円(平成25年度)、10万円(平成26年度)の一時金を12月分給料に上乗せして支給。

▲ページの先頭へ戻る